NURO光のメリット・デメリット


NURO光の評判

NURO光のメリット・デメリット

下り最大2Gの超高速光インターネット回線「NURO光」。大きなデータのやり取りや動画視聴もサクサク快適に。これまで動画視聴中「バッファ中」の連発にイライラしていた人は、NURO光に乗り換えた方がいいでしょう。ここでは、そんなNURO光のメリットとデメリットを紹介。従来の光回線と比較してスペックや料金の違いをまとめています。

 

 

NURO光のメリット〜速い回線・安い料金〜

 

NURO光のメリットは、ずばり速くて安いことでしょう。「世界最速」というキャッチコピーの通り、個人で加入できる通信サービスの中では一番回線速度が安定して速いと思います。

 

 

【下り最大2G、上り最大1Gを実現】

NURO光は、下りの速度が最大2Gというのを売りにしています。実際速いのか?というと、立地条件にもよると思いますが、従来の光回線と比べて明らかに速いです。もっと厳密にいうと、スムーズになったというべきでしょうか。大容量データのダウンロードも速く、高画質動画もカクカクせず、快適に視聴することができるレベルです。

 

 

【高速無線LAN最大450Mbps】

高速無線LAN接続ができるのも、NURO光に加入するメリットです。最大450Mbpsという速度は、フレッツ光の有線接続以上かもしれません。大容量データのPS4のゲームも、無線LANに接続して快適なプレイが楽しめます。

 

 

【超高速光回線なのに月額4000円台で】

スペック・速度だけではなく、費用面においてもNURO光は月額4743円(税込)という低料金プランを打ち出しており、お得感があります。セキュリティソフトやプロバイダー利用料がコミコミでこの料金です。

 

フレッツ光の月額利用料は、プロバイダーコミで大体6000円〜7000円前後。NURO光に乗り換えれば月額2000円程度の通信費を抑えることができます。

 

 

【NURO光でんわでソフトバンクスマホをお得に】

オプションサービスのNURO光でんわに加入すると、ソフトバンクスマホの利用料が毎月1522円割引に。さらに、国内24時間無料で、NURO光でんわとソフトバンク携帯との通話を利用できます。

 

 

NURO光のデメリット〜東日本エリア限定〜

 

加入対象のエリアが狭いというのがNURO光のデメリットですね。NURO光は、速くて安いですが、現在のところサービス提供エリアが関東の地域に限られています。西日本では加入することができません。

 

 

【NURO光対応エリア】

NURO光に加入できるエリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城の中の一部エリアです。また、集合住宅に住んでいる場合は、2階以内の建物に限ります。まだまだ狭いエリアですが、今後認知度が上がればエリア拡大もあるかもしれません。

 

 

NURO光の申込み方法は?

 

NURO光は、家電量販店に行かなくても公式サイトからネット上で申込みを完結できます。オプション加入無しでキャッシュバック20000円〜30000円(キャンペーンによって金額が変わります。)を貰う事ができ、今なら工事費も無料で開通が可能に。開通月の費用が無料なので、初期費用無しでNURO光を導入することができるのです。

 

詳細はコチラ→NURO光公式サイト

よく読まれているページ


NURO光キャッシュバックランキング