NURO光でんわとは?


NURO光の評判

NURO光でんわとは

音声通話をより安く!NURO光でんわは、業界一通話料金が安いIP電話サービスです。月額500円(税抜)始めることができ、通話料金は3分7.99円(税抜)という格安設定に。ここでは、そんなNURO光でんわに関する、加入前に知っておきたい情報をまとめました。

 

 

NURO光でんわと一般加入電話の違い

 

NURO光でんわはNTTの一般加入電話と違い、交換機を使用しません。そのため、費用を抑えられ、格安で導入することができます。また、ソフトバンクグループのIP電話が相手だと、どれだけ話しても通話料金が無料になるなどメリットが多く、IP電話の中では一番費用を抑えて使えるサービスだといえるでしょう。

 

 

【初期費用も格安で抑えられる】

NTT一般加入電話を導入するよりも、NURO光でんわは初期費用が格段に安いです。加入電話は、導入の際施設設置負担金として36000円(税抜)を支払わなくてはなりません。比べてNURO光でんわは、初期工事費として3000円が掛かるのみ。圧倒的に安いため、手軽に導入することができるのです。

 

 

【ホワイトコール24でさらにお得に!】

ホワイトコール24に登録すると、ソフトバンクの携帯との通話が無料になったり、ソフトバンクの携帯やスマホの料金が割引になるプランに加入できるようになります。(※スマホBB割)

 

 

現在ソフトバンクの携帯に加入している人や、これからソフトバンクのスマホを購入しようと考えている人にオススメのプランですね。

 

 

【通話音声の質はどうなの?】

音声は固定電話と変わらないレベルを保っています。スカイプのように途切れたり、雑音が入ったりすることは無く、音質は極めてクリアです。「電話」としての機能を、十分に果たしているサービスだといえるでしょう。

 

 

NURO光でんわvs固定電話、通話料金を徹底分析!

 

NURO光でんわの通話料金は3分あたり7.99円(税込)。一般固定電話と、全国一律の料金で通話をすることができます。

 

 

一方、固定電話の通話料金は少々複雑で、市内通話料金だと昼間〜夜間にかけて3分8.5円(税抜)。夜間になると4分8.5(税抜)と少々安くなります。

 

 

こうやってみると両者共、そんなに料金に違いは無いように見えるかもしれません。ですが、固定電話の場合は、通話の相手との距離が離れると市外通話料金が適用されるため、とても高くなってしまいます。ちなみに同一県内でも60キロ以上離れると、昼間で45秒あたりの通話料が40円(税抜)に。双方の通話料金を比較するとNURO光でんわの通話料金の方が、固定電話よりも大分お得だという事が分かると思います。

 

 

NURO光でんわは結局いくら掛かる?料金のまとめ

 

NURO光でんわを導入するために必要な費用は、以下の通りです。全部でいくら掛かるのでしょうか?一番費用を抑えた場合を見てみましょう。

 

・NURO光でんわ基本料金→500円(税抜)
・初回の回線工事費→3000円(税抜)

 

 

NURO光でんわを導入するのに最低限必要なのは、実はこの2つの費用のみ。初回だけ回線工事費を支払えば、月額500円の基本料金+利用した分の通話料だけで、NURO光でんわを自宅に導入することができるのです。

 

 

なお、専用の機器は、申込んだ後自宅に送られてくるのですが、NTTの固定電話をNURO光でんわとして使う場合は、電話機をそのまま使うことができます。この場合は、工事費として別途1500円が請求されるので注意が必要です。

 

 

なお、NURO光でんわは、NURO光回線とセットで申込むプランの他、IP電話プラン単体で申込むこともできるみたいです。詳しくは公式サイトで、内容を確認しましょう。

 

詳細はコチラ→NURO光公式サイト

よく読まれているページ


NURO光人気ランキング