NURO光でんわの料金は?


NURO光の評判

NURO光でんわの料金は?

ソフトバンクのスマートフォン及び携帯電話プランに加入している人必見!NURO光のIP電話サービス「NURO光でんわ」に加入することで、毎月の携帯代が大幅割引になります。ここでは、NURO光電話の機能や基本料金の紹介と、加入することで携帯代が安くなる、NURO光とソフトバンク連携の割引プランについて取り上げてみました。

 

 

NURO光でんわとは?料金は安いの?

 

NURO光でんわは、無料通話先が豊富でお得なIP電話です。フレッツ光で言えば、ひかり電話と同じようなサービスですが、NURO光でんわの場合は、BBフォンやケーブルラインホワイト光電話など、他の通話サービスとの無料通話ができます。

 

 

【NURO光でんわの月額料金は?】

NURO光でんわは、月額500円(税抜)の基本料金での利用が可能。通話料金は全国一律3分で7.99円。国際電話(アメリカ宛)も同じ料金。BBフォンやソフトバンクの携帯への通話なら24時間無料で使えます。(※別途ホワイトコール24への申込みが必要)なお、ホワイトコールは無料で登録利用できるサービスです。

 

 

【7.99円の通話料は安いの?】

NTTの固定電話や携帯電話の料金と比べてはるかに安いです。NTTの固定電話は、区域内通話だと昼間で3分8.5円(税抜)ですが、距離が60km以上離れると45秒で40円(税抜)も掛かってしまいます。携帯電話の場合も、かけ放題でなければ通話料金は30秒あたり8円〜20円も掛かるため、NURO光でんわはとても安いのです。

 

 

また、フレッツ光のひかり電話と比べても、わずかですがNURO光でんわのほうが安く設定されています。
・フレッツ光のひかり電話通話料→3分8円(税抜)
・NURO光でんわ通話料→3分7.99円(税抜)

 

 

NURO光でんわホワイトコール24とは?

 

ホワイトコール24は、ソフトバンクユーザー限定のオプションサービスです。ソフトバンクの携帯やスマホプランに加入している人は、NURO光でんわからの通話が対象を限定に24時間無料になります。ソフトバンク携帯・スマホや、BBフォンなどの連絡先が無料通話の対象です。

 

 

ホワイトコール24に加入すると、スマホBB割に申込むことができるようになります。
※スマホBB割は、ソフトバンクの窓口への申込みが必要です。ソフトバンクのホームページからでも申込みが可能です。

 

 

【スマホBB割とは?】

スマホBB割は、利用中のソフトバンク携帯やスマホの月額料金が、家族1人につき毎月1522円割引になるというサービスです。ソフトバンクのスマ放題向けプランとして提供中。契約回線が多いほど割引が多くなるため、家族でお得にスマホを利用できます。

 

 

このようにNURO光でんわはソフトバンクとの連携がしっかりしているため、ソフトバンクでスマホや携帯を持っている人は、ぜひ加入した方がいいでしょう。

 

 

導入費用とその他付加サービスについて

 

NURO光でんわを導入するには、回線工事費として初めに3000円(税抜)が別途必要です。※消費税が加算されます。また、NTT固定電話の番号をそのまま使いたい場合は、番号ポータビリティ工事費として1500円が必要となっています。

 

 

なお、解約の際には、解約工事費として1000円が請求され、番号ポータビリティを利用していた場合は別途1500円が必要です。

 

 

【付加サービスについて】

番号表示機能やキャッチ電話などの付加サービスには、別料金が掛かるため注意が必要です。

 

例)付加サービスパック料金月額800円(税抜)
・番号表示
・番号通知リクエスト
・キャッチ電話
・着信お断り

 

 

これらの付加サービスが必要なければ、加入せずに基本料金のみで利用することもできます。

 

詳細はコチラ→NURO光公式サイト

よく読まれているページ


NURO光人気ランキング